足のむくみを感じたら

足のむくみは誰もが一度は経験したことがあるでしょう。特に女性は、お座敷での食事会で一度脱いだブーツのファスナーが帰り際に上がらなくなって困ったり、夕方は同じ靴が履けなくなるくらいむくみで足のサイズが変わることもあります。

むくみは水分代謝が悪く、老廃物がうまく体外に排出されずに起きている現象ですが、高血圧の人もむくみやすいと言われています。高血圧は動脈硬化を進行させることが知られていますが、動脈硬化が進むと血流が滞り、足のむくみをはじめ手や顔のむくみも引き起こします。

また、高血圧の状態が長く続くと心臓にも負担をかけるため、心臓を疲弊させることでポンプ機能も低下させたり、他にも腎臓の濾過機能も低下させるなど様々な臓器の機能を低下させて合併症を引き起こしかねません。

ただ水分代謝が悪くて足がむくんでいる場合は、むくみサプリを飲んでみたり、運動したり食生活をはじめとする生活習慣を見直すことで改善が期待出来ますが、もし普段から高血圧を自覚していて足のむくみを感じるようになった場合は、念のために一度医療機関に相談してはいかがでしょうか。いずれにせよ足のむくみをたびたび感じたら、体からのサインだと思って、自分の体について見直すチャンスにするとよいかもしれませんね。

 

禁煙も同時に行う必要のある冷え性

冷え性は何が元でなっているか分からず改善行動を行っても、冷え性が治るまで至らないこともあります。冷え性になることで頭痛になってしまうことがあるので、体調不良だと薬を飲んでいても直らないこともあるのです。そして冷え性には症状が重大化してしまうレイノー現象があり、壊死してしまうことがあるために侮ってはいけません。

まず行うことは禁煙など冷えの要因になることを断つことです。タバコは冷え性の要因となる血行不良の一因にもなるので、冷え性改善活動をするのには禁煙などを同時進行させることになります。また、冷え性は身体を温めることによっても改善されることもあるので、日常生活で腹巻などをすることでも効果的です。これを行うことで全体的に冷えていた身体を良くすることが出来るので、部分的な冷え性も良くすることが出来るのです。

冷え性は壊死などが状況によってなることもあるので、禁煙をしたり腹巻を着用することで少しずつ良くすることが出来るようになります。

ノンバンクの金利は銀行よりも高い

ノンバンクとは銀行や信用金庫などを除いた貸付を行う金融機関です。消費者金融、事業者金融、信販会社、リース会社、クレジットカード会社、住宅金融専門会社などです。アコムは消費者金融なのでノンバンクということになります。銀行は銀行法、ノンバンクは貸金業法という法律に従って運営しています。

ノンバンクは総量規制の対象になっています。総量規制とは、年収の3分の1以上は借入ができないという規制のことです。例えば年収300万円のかたは100万円までしか借入ができないということです。一方、銀行は総量規制の対象外なので100万円以上借入をしたい場合は銀行のカードローンの利用を検討するということになります。

審査はノンバンクよりも銀行のほうが厳しいです。銀行の審査は保証会社と銀行の2つから審査を受けることになるからです。ノンバンクは会社の審査のみです。銀行は審査が厳しい分、金利はノンバンクよりも低く設定されています。

 

もっとも有効な証拠になりうる?借用書とは?

消費者金融や銀行で融資の申請を受ける際には一度は目に通すであろう借用書。確かに一々記入するのは面倒くさいですね、こっちはちゃんと返す気はあるって言うのに…しかしながら人の気持ちというのはふとした拍子で変わってもおかしくありません。いくら誠実な人であってもです。

そんな例え気持ちが変わってもちゃんとお金だけは返してもらうと保証を得る為に文書にして書くのが借用書です。お金の貸し借りというのは個人、企業に関わらずとても慎重な問題です。口約束だけでやっていい事ではありません。そしてデータだけだといつ契約データが喪失してもおかしくありません。そうなると有効的なのは書体重視の借用書の出番です。

貸した側はちゃんと相手にお金に貸したと言う証拠を残せ相手が払わない限りはいつでも催促できると言う武器にもなり、借りた側は嫌でも返さないといけないという証拠を突きつける為には最適な文書と言えます。恐らくこの先の未来でも有効な証拠として末永く続いていくでしょう…こちらは基本的に紙なので余程の事がない限りは喪失しにくいのも売りの一つです。

たかが借用書と侮らずに文書にはちゃんと目を通し記入して金銭トラブルを回避しましょう。

 

銀行ローンの多様化

メガバンクのみならず、異業種からの銀行業界への参入が目立つ昨今、より、銀行商品の多様化が進んでいくことが予想されます。中でも銀行ローンの多様化は今後ともさらに商品数を増やしていくのではないでしょうか。

銀行ローンというとやはり、住宅購入や車の購入といった担保型の目的ローンが有名です。次に、ブライダルや旅行、教育資金などの多目的型の無担保ローンがあります。これらの銀行ローンは資金使途が明確になっている必要があるものです。

次に、資金使途が自由な銀行ローンがあります。不動産などを担保物件とした、有担保のフリーローンやゴルフクラブを購入したいなど一時的な利用には、カードローンのような無担保型の個人融資があります。
これらの銀行ローンは比較的、金利が高めに設定されています。特にカードローンなどは借入や返済料金払込など限度額内であれば自由にできるため銀行側としてはリスクが高い商品になるため、高めの設定になります。

そして最近では、多重債務者向けなどにおすすめのおまとめローンや返済専用ローンなども出てきています。これは、簡単に言えば他行からの借り換えで顧客獲得を目指しています。しかし、ターゲットは多重債務者という、弁済能力があまり高くない層です。このようにリスクがある場合でもターゲットとしなくてはいけない状況は、銀行業界が激しい競争の中にあるということでしょう。

全ての銀行ローンを利用する際に共通して言えることは収入と借入のバランスが重要ですのでその点は忘れないでください。

 

ネットフリーローンのおすすめはここです

最近ネットフリーローンという言葉をよく聞きますね。その中でも低金利、申し込みの来店が不要などと魅力的なのがイオン銀行のネットフリーローンです。全国のイオンにイオン銀行は設置されているのでイオン銀行のことを知っている方は多いのではないでしょうか。預金しているかたも多いと思います。

イオン銀行のネットフリーローンはおまとめ、借り換えに対応しており、融資まで来店が不要である、300万円の借り入れなら年収確認書類が原則不要である、まとまった金額の融資が可能であるという特徴があります。メリットはたくさんありますがデメリットもあります。

イオン銀行の口座を持っていないと申し込みができないので利用を検討しているかたは口座を作っておいたほうがいいかもしれません。また即日融資ではありませんし最低借入額が30万円と高めなのでそんなにお金を借りる必要のない方は、他の銀行ローンを検討したほうがいいかもしれません。ネットフリーローンを利用するときは返済計画をしっかりたてましょう。